HOME > ENGLISH      
         
   
DJバトル世界大会で準優勝/DJからアーティストへ
1992年、単身ニューヨークに渡る。同年、NMS(ニューミュージックセミナー)で行われたDJ Battle For World Supremacyに出場、準優勝を獲得する。
Hip-Hopアンダーグラウンド・シーンにおいて日本人DJが初めてその実力を認知されたこの歴史的瞬間からdj hondaのアーティストとしての活動がスタートした。

アジア人、初の快挙! ビルボード誌RAPチャートで17位獲得!
 1995年、ソロ・アーティストとしてSONY MUSICと契約。ファースト・アルバム " dj honda "を日本でリリース。The Beatnuts, Redman, Guru, DJ Premier, Fat Joe, Common, Erick, Sermonなど本場のトップ・アーティストが参加したこのアルバムは画期的なDJアルバムとして大きな話題となる。

  1996年、日本盤アルバムから約1年を経て制作された新たな内容の全米盤アルバム完成。米RELATIVITYと契約、7月に全米リリース。このアルバムはビルボードTop R&Bチャートに90位で初登場。8月には同アルバムがヨーロッパでもリリースされ、アーティストそしてプロデューサーとしてのdj hondaの存在が世界に知れ渡ることとなる。アルバムからのカットとなったシングル "Out For The Cash"はThe Beatnuts, Common, Fat Joeの共演ナンバーで、MTVなどのミュージック・チャンネルでヘビーローテーションされた。

  1997年、セカンド・アルバム " h II " リリース。このアルバムには、De La Soul, Keith Murray, KRS-One, Mos Defらが参加。ビルボード誌Top R&B Albumsチャートで57位を獲得。Cuban Link, The Beatnuts, Missin' Linxをフィーチュアした"On The Mic"をシングルとしてリリース。続くシングルはMos Defをフィーチュアした "Travellin' Man"。このシングルは、ビルボード誌のHot R&B singles Salesチャートで51位、Hot R&B Singlesチャートでは76位に登場。さらにHot Rap Singlesチャートでは10週以上チャートに入り続け、17位まで上昇。アジア人として初の快挙を成し遂げた。

自身のレーベルdj honda RECORDINGS設立
 1999年、SONY MUSIC及びRELATIVITYを離れ、自身のレコード・レーベル dj honda RECORDINGSをニューヨークに設立。続いて同年9月にはdj honda RECORDINGS JAPANを東京に設立した。
同年、2枚のシングル("the eclipse/old school,new school" "we don't play")とアルバム1枚(dj honda 2000)、DJコンピレーション・アルバム1枚("Turntablist Revolution vol.1")を立て続けに日本、アメリカでリリース。

2000年、アメリカにおけるディストリビューション契約をRED Distributionと締結。
 dj honda RECORDINGSとしての本格的な活動がスタート。6月20日、シングル "EL PRESIDENTE"をリリース。Jeru the Damajaをフィーチュアしたこのシングルは、ビルボード誌の3チャートに初登場(Hot Rap Singles 40位、Hot R&B/Hip-Hop Singles Sales 72位、TOP 200 Singles 108位)。
さらに、Hot Rap Singlesは34位に、Hot R&B/Hip-Hop Singles Salesは62位へと上昇。自身のレーベルからリリースした作品をビルボードのチャートに叩き込むという、目標を早くも現実のものとする。
発売後も好状況は続き、Heavyweights Record PoolチャートとMasspool DJ Associationチャートで1位を獲得。その他、"HITS"magazine6位、URBUN NETWORK4位、GAVIN7位など数々のチャートにランクインした。

2001年1月17日、待望のアルバム " h III " JAPAN EDITIONを日本先行でリリース。
 5月8日には"EL PRESIDENTE"に続くシングル"REAL TO ME"(feat. Triple Seis, Headcrack, Miss Jones)が全米発売された。6/2付ビルボード誌チャートではHot Rap Singles 36位、Hot R&B/Hip-Hop Singles Sales 65位にランクイン。

さらにその "h III"に参加したPMD(Hip-Hopシーンの頂点を極めたスーパー・デュオEPMDのParrish Smith)とのコラボレートによるアルバム"UNDERGROUND CONNECTION"のレコーディングがスタート。このアルバムは、"h III "に続いて、dj honda RECORDINGSからリリースされる(2001年7月4日・"UNDERGROUND CONNECTION"と " h III "からの3曲をコンパイルした日本独自企画盤"LOVE IS LOVE"日本のみでリリース)。2002年4月27日に日本盤先行リリース。

2001年10月、dj honda RECORDINGS KOREAを韓国・ソウルに開設。
 2002年8月2日には第一弾アルバムとして韓国盤「UNDERGROUND CONNECTION」を正式リリース。同年12月には " h III "韓国盤をリリース。いずれも韓国のMC(CB MASS、EPIK HIGH、JOOSUC、VASCO、DEFCONN)をフィーチュアしたトラックを特別収録している。

2002年4月、アルバム" h III"に参加したPMDとのコラボレートによるアルバム"UNDERGROUND CONNECTION" 日本先行リリース。8月には同アルバムの韓国盤を、12月には"hIII"の韓国盤をリリース。韓国盤はいずれも、韓国のアーティストとコラボレートした楽曲を収録している。

大規模ライブを日本・アメリカ・韓国・ヨーロッパ各地で敢行!
 1999年10月、The BeatnutsをはじめとするアメリカのHip-Hopシーンのトップ・アーティストを従えたライブ "h alive hip hop nation 1999"をZepp Tokyoで開催。
12月31日に名古屋ドームで行われたカウントダウン・イベント "ミレニアムカウントダウンパーティ in NAGOYA"にも参加、カウントダウン・ライブを行うなど、日本においても精力的に活動。
2000年8月にはラスベガスで単独ライブを敢行。PMD率いるDBD = Death Before Dishonor(PMD, 8-Off & Rob Jackson)をフィーチュアしたステージで1,000人を超えるオーディエンスを熱狂の渦に巻き込んだ。会場にはマイク・タイソンやWBC/ IBFヘビー級のチャンピオンであるレノックス・ルイスなどの著名人の姿も見られ、あらためてその注目度の高さを証明したLIVEとなった。

2001年6月16日、シアトルのStadium Exhibition Centerで開催されたイベントにPMD、Triple Seis、Headcrackらとともに参加(同イベントにはThe Beatnutsなども参加)、このイベントには10,000人を越える大観衆が詰めかけた。

2001年8月15日、韓国ソウルの東大門スタジアムで開催されたHip-Hopの一大イベント"2001 WORLD HIPHOP CLAN FESTIVAL"にPMD、Headcrackとともに参加。この日は韓国の独立解放記念日で、韓国国民にとって特別な日。政治的な諸問題で韓国と日本の文化交流が中断しているという状況の中、唯一、イベントに正式招待された日本人アーティストとして韓国内でも大きな注目を集めることとなる。ステージの後半には、dj hondaのトラックで、PMD、Headcrackと韓国MC(DEEGIE、ILL SKILZのLEO他)がフリースタイル・セッションを行い、Hip-Hopには国境や人種、言葉の壁が無いということをその行動で証明した。

続く2002年8月31日には、"WORLD HIPHOP CLAN FESTIVAL"の第2回に参加。9月1日には韓国でのリリースに合わせテハンノのCLUB SHで単独ライブを敢行(オープニングはCB MASS&EPIK HIGH)。また、この2つの公演はいずれもdj honda & EPMD(!)としてステージに立つなど、歴史的なライブとなった。

2003年6月、PMDとともに2ヶ月間に渡り、大規模な全米プロモーションツアーを敢行。続いて、PMD、K-SOLOとともにドイツ・フランスをはじめとするヨーロッパTOURを10カ国24カ所で敢行。

自身のレーベルで映像進出
 2004年、自身のアーティストとしての半生を追ったドキュメンタリーフィルム"REASON"(2006年・公開/DVD予定)の制作に入り、その予告編とも言える特別バージョンが "東京国際ファンタスティック映画祭2004" そしてNYで行われた "HIP HOP FILM FESTIVAL"で上映され話題を呼んだ。

2004年12月24日、NYのWebster HallにてPMD、Keith Murray、K-Solo、J-Hood(D Block)、JIn、jeru the Damaja、Mista Sinista他などが参加した一大イベントを行った。

2005年、REASONの公開&DVDリリースを2006年に控え、シングル"REASON~第壱章〜"、第二弾シングル "REASON〜第弐章~"、そしてアルバム"REASON~SOUNDTRACK~"をリリースした他、 dj honda自身初となる日本人MC (565 from 妄走族)のアルバムをプロデュースした。アメリカ先行でリリースとなったドキュメンタリー映画 ”THE MC” の音楽制作を担当。

2006年、アメリカにおいて多望のニューアルバムの制作に入り、遂に・・・。

音楽とファッションの融合 NYから世界へ
 現在はHip-Hopアーティストの活動のひとつとして定着化している音楽とファッションの融合をいち早くスタート。自身のロゴ " h"をフィーチュアしたオリジナル・ブランド " h "は、幅広い層に認知されるまでになった。

2000年8月23日〜31日の期間にLas Vegasで開催されたMAGIC INTERNATIONAL TRADE SHOW(ストリート系ブランドを中心としたクロージングの大規模コンベンション)に参加。音楽とファッションを融合させた展開を世界に向けて発信。

2001年4月には、" h"のフラッグシップ・ショップ"h272"をニューヨークのSOHOに出店。同店舗の2F部分にはDJブースを常設。ウエアの販売だけにとどまらず、毎週末ニューヨークの有名DJによるライブも行い、ファッションと音楽を融合させた活動の拠点として注目を集め、2005年始めにソーホーから今NY話題のローワーイーストサイドに移転。近日中オープン予定。今後は日本のみならずアメリカでのブランド展開も本格化していく予定。
さらに01年8月24日には、韓国ソウル市アックジョンにブランド"h"の直営店がオープン(現在は、ソウルのテハンノ、アックジョン、ムンジョン、ブピョンの計4店を展開)。日本の" h "フラッグ・ショップ"REAL DEAL"を全面改装。DJ、Hip Hopファンの交流の場として地域に密着した展開を行っている。

アメリカ、日本、韓国に続き、ヨーロッパ各国、オーストラリア、ニュージーランドやアジア諸国他の音楽関係者からディールのオファーが殺到。レーベルとしての具体的な展開プランの検討に入っており、2006年はまさにワールドワイドな展開が本格化していく。